KENWOOD 彩速ナビ MDV-Z701

買った車にETC・ナビがなかったので、ETCはイエローハットで取り付けてもらい

ナビは自分で取り付ける事にしました。

普通ナビの方を取り付け頼むよな・・・

取り付けたのはKENWOOD 彩速ナビ MDV-Z701

ナビ性能はイマイチらしいのですが、スマホ同様の操作性とWi-Fi付きで

スマホ連携が気に入ったのでこちらにしました。



同じ頃に製造されたトヨタ車を乗り継いでいたので、遠い記憶を呼び起こしながら

内装を外して作業に取り掛かります。

シフトパネル、エアコンパネル、吹き出し口と引っ張れば取れるので簡単でした

20140831-DSC04495.jpg

純正オーディオも取り外します

この車はオーディオの後ろスペースがあまりないので配線が邪魔して

ナビが奥に入らなくならないよう工夫が必要そうです。

20140831-DSC04496.jpg

グローブボックスを取り外したついでにエアコンフィルターを確認

比較的綺麗な状態でした

20140831-DSC04497.jpg

GPSとVICSビーコンユニットを設置

時代はDSRCに移行しているみたいですが、まだ未整備箇所が多いみたいなので

VICSにしました。

また有料ですが、カロッツェリアのスマートループ情報もWi-Fi・テザリング接続すると

使えるようになるのでとても便利です。

20140906-DSC04520.jpg

オーソドックスな場所にマイクを設置

このマイク、ナビの音声入力用ではなく、ブルートゥース接続されたスマホに

音声が転送され、スマホでの検索結果がナビに転送されるというもの

スマホがないと使えないのが不便!

20140831-DSC04500.jpg

配線はナビ接続用の配線ユニットを使用しました

これは便利だ!w

昔ナビを取り付けた時は1本1本車速やらアクセサリー電源など配線し

シート取ったりで大変でナビの取付に丸2日掛かりましたが

これなら半日も掛からず終わりそうです。

そして手にしているのがETCはの配線

前から通して配線されてしまったので、ナビ設置の邪魔です!

やはり自分でやれば良かった・・・

見えない箇所の処理は適当な場合があるので注意が必要ですよ

20140831-DSC04502.jpg

GPS・VICSの配線はダッシュボード沿いに這わせて、グローブボックスの裏を通して

配線しました。

20140831-DSC04504.jpg

TVアンテナはピラーを外して同じようにグローブボックス裏を通して配線しました。

20140831-DSC04505.jpg

続いてはリアカメラ

天井内張り内を這わせてリアまで配線を通しました。

20140831-DSC04506.jpg

古い車なのでリアカメラの配線を通す穴がリアゲートになく

思い切ってドリルで穴を開けてリアカメラをつなぐ配線を通しました。

20140831-DSC04507.jpg

バッテリーをつないでイグニッションスイッチオン

無事ナビが起動しました。

20140831-DSC04514.jpg

1DINサイズのボックス裏に穴を開けてUSBとWi-Fi用のUSBケーブルを通しました

USBは4ポートまで分岐できるので車内の充電やUSBメモリーからのデータ呼び込みなど

ポートが足りなくて困ることもなく便利そうです

20140831-DSC04517.jpg

KENWOOD 彩速ナビ MDV-Z701を使った感想は、目的地検索するだけでも

ちょっと操作が多く不便に感じますが、やはりスマホと同じような操作性が便利ですね

地図の拡大とかスマホと同じ操作です

画面もナビとテレビ2画面にでき、小画面のサイズも2段階に変えられる

そしてナビのりルートがとても速い

ナビとドライバーがちょっとおバカさんで道を間違ったり

わざと道を外れたりしても瞬時にリルートされるのでとても便利です

ワイドサイズのMDV-Z701Wという選択もあったようですが

ボリュームボタンが運転席側にあったので、やめました

今のところオーディオの音もよくCD・SD・USBや色々なフォーマットに対応しているので

とても満足です。

なんかカカクコムのレビューみたいな記事だなw

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。